ホーム > 信濃寮について

信濃寮について

信濃寮とは

信濃寮は、東京都小金井市にある信州出身学生のための学生寮です。

▲このページの先頭へ

信濃寮の沿革

信州学生協会「信濃寮」は1920年(大正9年)、在京の信州出身学生が信州文化の発揚と大同団結を標榜して結成されました。1923年(大正12年)に発生した関東大震災に際し、文京区の伝通院に救護所を開設して被災者の救護活動を行い、その献身的な活動に対し東京府知事から特別に表彰される栄誉を得ました。

同時に被災学生も多数あり、困窮する学生のために信州全域として学生寮を作る機運が高まり、山岡万之助先生(後の日大総長)の指導のもと中野区在住の清水福市氏(後に府立家政女学校校長)や県当局、在京の実業家・峰村恭平氏らの援助により信濃寮が誕生しました。

当時、豊多摩郡中野町(現在の中野区)にあった女子歯科医専の土地建物を取得し、初代理事長には山岡万之助先生が就任、昭和3年3月1日付で文部省より財団法人として認可されました。戦後は住宅情勢が悪化した事もあり、一時は在寮生が80名に達するなど、信州出身学生のために大きな役割を果してきました。

昭和53年に現在の小金井市東町に移転、閑静な環境の中で800坪の敷地に鉄筋コンクリート3階建の寮舎、庭にテニスコート、屋上には太陽光発電設備を設置し、寮生が有意義で充実した学生生活を送れるよう努めて今日に至っています。

郷土の著名な書家・画家 中村不折書

▲このページの先頭へ

信濃寮寮生自治会

信濃寮は創設以来、寮生によって寮生自治会が組織され、寮内の生活や行事の運営など寮生活向上のため様々な活動を自治会が運営しています。このため幹事長・庶務幹事・渉外幹事・厚生幹事・会計幹事・文化幹事が寮会で選出され、6ヶ月の任期で運営に当っています。寮生の生活に関する事、新入寮生の受入れに関する事、寮生の交流や文化活動に関する事など楽しく充実した寮生活を送るための活動をしています。

寮生挨拶

西澤 勝弥
(野沢北高校卒、東京学芸大学教育学部初等教育教員養成課程社会選修、平成30年入寮)

東京で大学生活を送ろうと考えていらっしゃる長野県内の高校生のみなさん、僕たちと一緒に「信濃寮」で生活を送ってみませんか。当寮は、長野県出身者の男子のみで構成されており、東京で大学生活を送るに適した場所です。では、信濃寮とはどのような場所であるのかを、実際に生活してみて、良いと思った点を私から紹介させていただきます。
まず挙げられるのは、家賃(寮費)が安いという点です。小金井市周辺の家賃はおよそ6万円ほどであるのに対し、当寮は電気代や寮食を合わせても5万円前後ととても安いです。私は部活動で硬式野球をやっており、遠征費等でお金がかかるためとても助かっています。
続いて挙げられるのは、多くの人と交流できる点です。当寮はそれぞれ異なる大学、学科に在籍する学生が生活しており、食事をしながらする寮生との何気ない会話の中にも学ぶことは多々あります。また、生活スペースは個人の趣味嗜好が反映されやすく、寮生からいろいろ紹介してもらえたりします。バイトを紹介してもらい一緒に働くということもあります。こうしたコミュニティとしての役割も当寮は持っています。
信濃寮の良さをほんのわずかではありますが、紹介させていただきました。「寮」という言葉を聞くと不安になるかもしれませんが、同じ長野県で生まれ育ったもの同士なので、すぐに分かり合えるでしょう。そして、信濃寮で仲間と過ごす四年間は社会に出てからも大きな財産になるでしょう。皆様のご入寮を心よりお待ちしております。

桐野 猛
(伊那北高校卒、工学院大学情報学部コンピューター科)

東小金井にある信濃寮は周りを自然で囲まれたとてもいいところにあります。いくつか私のほうから良いところ、特徴を紹介させていただきます。近くには大学が数多くあり大学までの通学にも便利です。最寄り駅から徒歩10分程で向かうことができます。また信濃寮は自分たちによって運営などを行う自治寮です。生活する中で寮全般のことを寮生自ら行っております。自ら行うことによって自立心、協調性を養うことができます。社会に出てから必要不可欠とされる力を生活しながらつけることができるところだと思います。食事のほうも朝晩と食事がついております。大学生活のほうにより集中できることと思います。また年に一回寮祭というものがあります。ここでは寮の仲間たちと団結力を深めてより深い友好関係を築くことを目的としたほか、一番大きいイベント事となっております。先輩とも学年関係なく楽しめることと思います。そのほかにも、みんなで楽しめる行事を毎年企画しております。今は人数があまり多くありませんがその分学年関係なくとても交流が活発です。またお金の面でも低いコストで生活ができる面もこの信濃寮の特色であると思います。大学以外で友人を作りたい、一人暮らしは負担が大きいと思っている県内の皆さん、ぜひ入寮をご検討されてみてはいかがでしょうか。東京で大学生活を送ろうとしている学生の皆様、寮生一同入寮を心よりお待ちしております。

▲このページの先頭へ

寮生の出身高校

(最近5ヶ年間)

第1区(北信) 飯山(北)、中野西、須坂東、須坂、須坂商業、長野吉田、長野、長野東、長野西、長野南、長野商業、屋代、篠ノ井、長野日大、長野俊英、文化学園長野
第2区(東信) 上田、上田染谷丘、上田東、上田西、丸子修学館、軽井沢、岩村田、野沢北、つくば開成学園
第3区(南信) 諏訪清陵、諏訪二葉、下諏訪向陽、岡谷南、伊那北、赤穂、飯田、飯田風越、東海大付属諏訪
第4区(中信) 松本深志、松本県ヶ丘、松本美須々ヶ丘、松本蟻ケ崎、田川、豊科、大町岳陽、松商学園

▲このページの先頭へ

寮生の在籍大学

(最近5ヶ年間)

国公立 東京、一ツ橋、東京学芸、東京農工、東京海洋、電気通信
私立 早稲田、慶応、明治、立教、中央、法政、日本、東洋、駒沢、専修、大東文化、東海、亜細亜、成城、成蹊、國學院、明治学院、武蔵野、武蔵野美術、東京経済、東京工科、杏林、高千穂、日本文理、デジタルハリウッド

▲このページの先頭へ

寮歌

クリックすると寮歌が再生されます

信濃寮

〒184-0011
東京都小金井市東町
3丁目17番地43号

信濃寮 TEL 0422-32-5479

shinanodormitory
@gmail.com

お問い合わせはこちら